男性のひげ脱毛の需要


2016.10.08

男性のひげ脱毛の需要

脱毛サロンに興味はないと思っている男性でも、自分のひげを何とかしたいという人もいるでしょう。脱毛サロンでは、体のムダ毛の処理だけでなくひげ脱毛にも多くの男性が通っています。ひげに対して悩んでいるのであれば、脱毛という方法も一つの選択肢です。
ひげ脱毛では、全てのひげを脱毛してすっきりとしてしまうという方法の他にも、鼻下だけなど気になる箇所を部分的に受けたり、全体的にまばらにしてもともとひげが薄かったように見せてもらうこともできます。希望に合わせてひげをコントロールしてもらうことができます。

サロンで受けるひげ脱毛

ひげ脱毛にはいくつかの方法があり、今日主流でもあるのがメンズ脱毛サロンやメンズエステサロンで行われている光脱毛です。ひげのある部分の肌に特殊な光を照射させるだけなのでとても手軽です。一本ずつ毛を処理するのではなく広範囲に処理ができるので、ひげのように狭い部位であればあっという間に施術が終わってしまいます。二ヶ月に一度程度のペースで通うだけであり、あとは普段通りの除毛処理をしていきますが、だんだん剃るのが楽になるのを感じてきます。回数を制限すれば全体的にまばらに薄くすることができ、予算的にもリーズナブルに済ませることができます。

サロンで受けるニードル脱毛

サロンの中には、光脱毛の他にもニードル脱毛という方法で受けることができます。脱毛というと以前はこの方法で行われていたものでしたが、非常に技術を要する脱毛施術でもあるので今日では行われているサロンもごくわずかです。ひげの毛穴に細い針のようなものを刺し込んで電気を流して毛根を焼くという方法で行われ、永久脱毛もできる方法です。一本ずつスタッフの手作業によって行われるので時間がかかり、予算的にも高額になります。しかし、ひげを一本ずつ確実に処理してもらえることから脱毛するならニードル脱毛でと考えている人もいます。

医療機関で受けるひげ脱毛

ひげ脱毛は、サロン以外にも病院でも行われています。この場合には、医療レーザー脱毛という方法で行われ、医療機関でのみ取り扱いが許可されているレーザーが使用されています。永久脱毛をすることができる方法でもあり、広範囲に光るレーザーの光を照射するのでニードル脱毛よりも施術時間が短時間で済みます。
医師のいる場所で行われているということもあり、痛みに対しては麻酔クリームを処置してもらえたり、炎症を抑える薬の処方せんを出してもらえたりという点はサロンとは違っており、万が一の肌トラブルの際にもそばにいる医師に診てもらえるという安心感があります。

▲ ページトップへ