名古屋で食べる

今回ご紹介する地域は、中部地方の政治・経済・文化の中心を担う、名古屋です。
東京から新幹線を使えば1時間半ぽっちでついてしまうので、もはやお泊りセットを抱えて地方に旅行にいくという感覚ではないかもしれません。
ちょうど日本列島のヘソ(中心)にある都市。現在約220万人の方が住んでおり、東京、神奈川、大阪に次ぐ人口のいる巨大都市の一つです。

名古屋の名物グルメ

地方から来た人にとって、みなさんの楽しみはその地域特有の名物を食べて満喫すること♪
やっぱり名物は地元の空気を吸って地元で食べるのが一番です。

名古屋地域のグルメとして有名なのは、味噌かつ、手羽先、ひつまぶし。誰もが思い浮かべる3大名物と言ってもいいでしょう。
味噌かつはお店によって使用するお肉の素材、味も技法も異なるため毎日食べても飽きないので、
いろんなお店に通って食べ比べてみる価値があります。一般的には甘辛いタレになっており、なんといっても白いご飯との相性がたまりません。
味噌カツの老舗として発祥の店「矢場とん」は有名処ですね。
味噌つながりといえば、味噌煮込みうどんもルーツは古い。
名古屋圏ならではの豆味噌仕立てで濃い汁を特徴としており、うどんと絡み合い美味しいです。
パリパリ食感とスパイスの効いた手羽先は、その香ばしい味付けによって、愛知の人にとって酒の肴として欠かせない食べ物になっています。
3通りのおいしさ(そのままの味で→薬味とわさびを混ぜて→お茶漬けで締め)で楽しませてくれるひつまぶしも、もはや郷土料理と言ってももいいのではないでしょうか。

その他こんなグルメも

最近の定番になってきたものと言えばモーニング。
何といってもボリューム感が圧巻で、トースト(ピザや小倉)やサラダ、卵焼きやソーセージなどこれでもかというほどガッツリ系のおかずにコーヒーもついて300円~500円は驚きの一言。
どのお店も力を入れており、朝からこんな贅沢は名古屋地域でしか味わえないでしょう。近くにこんなお店があったら通っちゃいますよね~。
またスガキヤのラーメンは東海地方では有名らしいです。
1杯290円からとリーズナブルで、ソフトクリームやぜんざいなど甘味メニューも揃っちゃっています。
あとは今流行りのあんかけスパはいかがでしょう。
熱々のピリ辛ソースををたっぷり、極太麺に絡めて食べるのでボリューム感でお腹いっぱい、満足感◎
男性はもちろんのこと、女性の方も味わっていただきたい不思議な味です。

その他にも名物と言われるものがたくさんありますので、是非食していって下さい♪ 名古屋へようこそ!

▲ ページトップへ